So-net無料ブログ作成
- | 次の10件

食事は綺麗な空気で! [お知らせ]

kinen_heart02.gif

ぐるなびのトピックスには書きましたが、7月から思い切った事を実行しようと思います。
それは、お昼(11~14時)を全席禁煙化にする事です。
時代の流れを考えれば、そんな大した話でもなく
新聞の記事などを見れば禁煙化した事で悪い結果になった様な話も聞かないですし
パチンコ店ですら、集客アップに繋がっているそうです。
飲食業に至ってはその効果は大きく、客層の変化やメリット生む結果に繋がっている様です。

当店を良く利用して頂く常連さんの多くが喫煙される方で、これをする事でどう思われるか正直恐い所です・・・。
しかし、今はやはり禁煙を望む声も多く前々から家族協議の話題の一つでした。
電話で禁煙席が無いとお伝えしたら、どうしてもタバコの臭いがダメと言う事でご来店頂けなかったお客様もいたり。

本当は分煙にしたいのですが、当店は分煙するのが難しい構造なのが残念な所です。
混雑時にお吸いになるお客様が多いと換気扇を回してても、極端に言えば雀荘のような空気になってしまいます。
当然、非喫煙者には食事を楽しめない環境です。
僕自身、全く吸わないのでタバコの煙と料理を一緒に食べる不快さは良くわかります。

7月はやはり忙しく、一見のお客様も含め多くお客様で賑わうのですが
そういった時だからこそ全てのお客様に美味しく召し上がって欲しいし、初めてのお客様には美味しい良い記憶を持って帰って欲しいです。

喫煙者のお客様には大変申し訳ないのですが、ご理解頂くしかございません。m(_ _)m

喫煙者の方でも、他人の煙は嫌いと言う人も多いと思うので
綺麗な空気でお食事される方が絶対に良いと思うのです!

これから、夏休みで小さなお子様連れのお客様も増えますが
より多くのお客様に千葉家の味を気持ち良く味わって頂ければと思いますので、どうか宜しくお願いします。

千葉家の御通し [千葉家について]

090623_1905~0100010001.jpg

千葉家でお酒類を注文されたお客様には画像の御通しをお代は頂かずにサービスでお出しています。
正直、見た目は地味な物ですが(汗) 実は美味しく良い品だったりします!
御通しには全く手をつけないお客様もいますが、常連でお好きな方は多めに欲しいと言う方もいますし

これは葉唐辛子の佃煮なのですが、本当に美味しいのです!
甘じょっぱく触感もよくて普通に白いご飯に載せて食べても美味しく自分なんかは朝食時に少し頂くこともあります。
少量でビールもグビグビ飲めちゃいます。


ちなみに、これは自家製ではなく新橋の玉木屋さんという佃煮屋さんから取寄せています。
新橋付近にお勤めの方なら玉木屋さんで土産や贈物の品として利用された方も多いのでは無いでしょうか?
有名デパートなど多数出店している超有名老舗佃煮屋さんです。

ご来店でお酒をお飲みになるお客様にはまずこちらの御通しで
お食事やお摘みをお待ちになって頂ければ嬉しく思います。m(_ _)m
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ブログ再開 [お知らせ]

かなり久々の更新となりますが、これからブログの更新を随時やっていこうかと思います。
正直、このSo-netブログの表示や使い勝手が良いと思えず、引っ越し先を探したりもしていましたが
気付けば三日坊主になっていましたが、ちょっとした事は携帯メールからUPすれば良いかという
一般ブロガーなら当たり前の事に気付き[あせあせ(飛び散る汗)] 夏も到来したし再開しようかと思います。
店の事からあまり関係無いことまで載せてしまうかもしれませんがどうか宜しくお願いします。m(_ _)m

丑の日も過ぎ [感謝]

まずは、先週の丑の日に来店及び出前の御注文頂いたお客様全員に感謝いたします。
先週は丑の日に限らず、昼も夜も常に忙しくピーク時にご来店いただいたお客様にはお出しするまでどうしも時間がかかってしまったりでしたが
そういった状況でも、ご理解頂き当店に食べに来ていただいたお客様や注文していただいけたお客様には
お詫びと同時に感謝させていただきます。本当にどうもありがとうございました。

7月の前半は予期したように、例年に比べてやはり暇な日が多くこのままでは丑の日も期待できないのではないかと心配しましたが
結果的には大盛況で、海の日連休が終わってからはあっという間に時間が過ぎる日々でした。
丑の日と隅田川花火大会当日の夜は、満席でお入りになれなかったお客様や時間帯によっては出前もお受けできない状況で
ラストオーダー前に鰻も無くなってしまいました。

これを書いてる月曜日も昼夜忙しく、どんなご時世でもやはり日本の夏には鰻が欠かせないのだなぁと改めて思いました。[あせあせ(飛び散る汗)]

同じ暑い夏でも不思議と8月になると落ち着いてくるので、まだ今年は食べていない方や食べ忘れてしまってる方はどうぞご来店ください!
落ち着いて召上りたい方には、これからの方が良いかと思います。(特に夜)
満席状態になると冷房のかかり具合も良くなかったり、どうしても我々も世話しなく動いてしまうので・・・。(^_^;)

どうか8月もよろしくお願いします。

赤兎馬 [お酒]

7月7日の七夕の今日から特別入荷した芋焼酎を販売します。
鹿児島県 濱田酒造の芋焼酎 赤兎馬(せきとば)をご存知でしょうか?
近年の焼酎ブームで人気が出てオークションなんかでも出品されてたりした、焼酎の一つです。
飲んだことは無くても、画像を見て知ってると思った方も多いのではないでしょうか?

芋焼酎独特のくさみやクセも無く、芋が苦手だという方にもお薦めできる芋焼酎です。
その赤兎馬から最近限定6千本だけ、紫の赤兎馬が発売されました。
通常の赤兎馬に紫芋を加え作られたそうで、よりフルーティーな香りと味になっています。
今回、6千本発売後に発売の予定も無いようで、正にプレミアムな焼酎です。

その紫の赤兎馬と通常の赤兎馬を各1升のみ入荷いたしましたので、ご来客のお客様には
飲み比べも面白いと思いますし、是非この機会に試していだければと思います。
各24~25杯ずつの販売になりますし、お値段も一杯600円とサービス価格にさせて頂きましたのでお早めに!

080704_1448~02.JPG

勝負の7月突入! [お知らせ]

久々の更新となってしましたが、今年も気付けば7月になりました。
7月は丑の日もありますし、我々にとっては一年で最も忙しく汗を流す月になります。
今年は梅雨も短く暑くなりそうとの事なので、季候条件は良さそうですが
皆さんも連日ニュースでご存知と思いますが、大手がやってはいけない酷い事件を起こしてしまい
あのような事が一つでもあると、真面目に営業している問屋さんや我々のような店舗にも影響が出てきてしますよね。
うちも国産を扱っていますが、お客さん目線で疑いの目で見られるような事も出てくるでしょうからね・・・。

産地偽装はうなぎに限った事ではなく、最近は何でも度々ニュースになりますし
他にも使い回しやらなんやらで食に関するニュースも良い物はほとんど無いですし
経済や政治のニュースも暗いニュースばかりで、これからいったいどうなってしまうんだろうと心配になりますね。

鰻やお寿司とか世の中が明るいと食べたくなる様な物でもあると思うので、本当に現状は苦しいです。
この状況で我々にとって勝負の7月がどうなるのか心配でしかありません。

ただし、やはり7月24日(火)丑の日当日はもちろん、その前後は確実に忙しくなると思いますので
出前の注文等はお電話で今からご予約される事をお薦めします。
店内の席予約は、丑の日当日の席予約だけは大変申し訳ありませんが承っていませんので直接お越しください。

当店は今までどおり真面目にお客様に安心して鰻を召し上がっていただけるように努めます。
やはりこの季節に一度は鰻を堪能していただけたらと思います、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

うなぎの産地 [うなぎ産地]

今日は当店が使用している鰻の産地について書きたいと思います。
価格や問屋さんの仕入れの都合で変わることもあるのですが、基本的に鹿児島産と西三河産(愛知県)を使用しています。
鰻といえば浜名湖を思い浮かべる方も多いと思うのですが、実は鹿児島県産と愛知県産が国内でもっと養殖が盛んな地域だったりします。
ちなみに浜名湖のある静岡県は国内でも4番目ぐらいの生産地になるようです。[ひらめき]

使用している産地について書いたついでに、今の国産鰻の現状を書きますと"非常に厳しい状態"です。
当店は国産に拘り使い続けていますが、この国産鰻の値段の高騰が近年著しく仕入れ値も毎日上がるような状態が続き
ここ10年以上値上げせずにいた当店も今年の3月から残念ながら値上げをせざるえなくなりました。
その急激な値上がりの背景には、世の中の物価上昇が原因はもちろんの理由ですが
中国産の信頼が崩れ今まで中国産を使用していたスーパー等が国産に乗り換えたりしたせいもあるでしょう。
一時は問屋さんも数の確保に苦労されていました。

そもそも、鰻自体が地球環境の悪化もあってか数も減っていて、昨年EUは絶滅の恐れがあるとして輸出規制もしました。
そして、我々が昔から食べ続けている鰻の生態系についてはいまだ未知の部分多く、卵から成長させる養殖はできていません。
養殖も卵を孵化させて稚魚を育てる実験成功例はあるようですが、実用化はまだまだ遠い未来の話しようです。
というわけで、鰻の養殖は自然界で捕れたシラス鰻(子供の鰻)を養殖場で育てる仕組みのために
自然界の数が減る=養殖鰻も減る図式なのです。
なので、このまま行けば近い将来の鰻は超高級品になるか食べる事自体ができなくなってしまうのでは?と心配してしまいます。[あせあせ(飛び散る汗)]

長々と書いた事以外にも鰻に関する話題で明るい物があまり無く、これを書いてる自分としても残念なのですが
いつか限界が来る日まで皆様に美味しい鰻を当店で食して頂きたいと思います。(笑)

千葉家Blogスタート!_(._.)_ [千葉家について]

TS3C0423.JPG

まずはこのページを見てくださった皆さんに" いらっしゃいませ "。(笑)

今年になってからぐるなびさんにお店紹介を載せる事に決めて、今までネットとは無縁だった当店 もインターネットを利用する事になりました。
折角、導入したネット環境を活用しなければもったいないと言う事でこのBlogをスタートしてみました。
当初は普通のホームページを作ろうと思ったのですが、お店の詳細などはぐるなびでお伝えできてるし
今時らしくBlogで当店について伝えていけたら良いなと思いました。
当店は決してお値段が安い店ではありませんが、高級店というよりは地元の皆さんに支えられているようないたって普通の"街の鰻屋"なので
Blogの気軽差がお店に合っているし、ITとは無縁の鰻屋がBlogを使うのも面白いかも?と思いました。(^_^)

今回は初回記事ということで、当店の自慢について書きたいと思います。

ずばりそれはタレにあります。[ぴかぴか(新しい)]

当店が老舗として今でも営業していけるのは、ご先祖様がこの偉大なタレを作ってくれていなければありえなかったでしょう。
もちろん、お米や鰻にも拘っていますが当店最大の売りはやはりこのタレにあります。もちろん、日々注ぎ足し使い続けています。
ひょっとしたら、今でもほんの少しだけ創業当時の成分が残ってるかもしれませんね。(笑)
鰻も舌で噛めるぐらい柔らかく蒸しているので、焼いてる途中で身が崩れてしまうぐらいです。
お米もシーズンや入ってきたお米の出来に合わせてベストの固さになるよう炊き加減を微調整したり拘っています。

浅草橋も最近はマンションがこの数年でかなり増えて、住んでる人も変わってきてるように思えるのですが
浅草橋に住んでいるからには是非とも当店の鰻を味わって頂きたいです。

初回と言う事もありあまり上手い文を書けてない様な気がしますが、これから色々とお伝えしていければ思いますので
お店もこのBlogもどうか宜しくお願いします。_(._.)_

TS3C0422.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
- | 次の10件
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。